余部鉄橋とコウノトリの郷


お墓参りを兼ねて、消えゆく「余部鉄橋」とコウノトリの郷を訪ねてきました。
兵庫県香住町にある「余部鉄橋」・・・山陰本線に架かる明治45年に完成した鉄橋で、
高さ約41m全長310mの壮大なトレッスル橋です。
昭和61年12月に列車の脱線、落下事故が起きました。
この鉄橋はまもなく、コンクリート製の橋に架け替えられるそうで、
その工事が始まっています。

コウノトリの郷・・・昨年の秋に訪れてましたが、
コウノトリが
イナバウァがお上手だとは知らなかった!

小さな写真をクリックすると大きな写真が表示されます。
各ページの[ → ]又は写真のクリックで順に表示され
[ ↑ ] をクリックすると閉じて戻ります。