余部鉄橋とコウノトリの郷 (その2)


('06/04/28) 撮影
コウノトリ
(blend表示)
余部鉄橋(wipe表示)
写真をクリックすると大きな写真が表示されます。
それらの写真、または[ >>>]をクリックすると順に表示され[close]をクリックすると戻ります。
放鳥コウノトリのペアが豊岡市百合地の人工巣塔で産卵』の新聞報道を見て現場に駆けつけました。
すると、放送局・新聞社のカメラマンが大勢集まって写真を撮っているではありませんか!
何と偶然にも、その当日の早朝に卵が巣塔から落下しているのが発見されたのです。
彼らに混じって私も『「産卵再び」に期待をかけて!』撮影しました。
コウノトリの郷公園では公開ゲージのコウノトリの数が4羽で、先月に見た他の6羽は放鳥されたようです。
今回はイナバウァも見られず、観光客も少なくて寂しい感じでした。

余部鉄橋・・・新緑の余部鉄橋は流石に美しい雄姿でした。
この日の午後6時に鯉のぼりが上がると聞いて暫く待ちました。
「さようなら余部鉄橋…ありがとう余部鉄橋」
5年後(?)余部鉄橋の架け替えでコンクリート製になって登場するそうです。