世界遺産 デルフィの古代遺跡

古代世界では世界の中心地とされていた、デルフィ遺跡。
中核を成すのがアポロン神殿。
ドリア式の柱が各室を囲む典型的な様式で、紀元前370年頃に建造されました。
地下では「大地のへソ」が発見され、そこで神託が行われていました。
現在はデルフィ博物館に展示されています。


撮影地 ギリシャ デルフィ   撮影日 2007.5.16  

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。各ページの写真 または
[ >>>] をクリックすると写真が順に表示され [close] をクリックすると戻ります。