世界遺産 メテオラ

ギリシャ中央部に、高さ400mにおよぶ岩の塔や山のような巨大な岩が切り立つ、
不思議な平原があります。
頂上に行き着くことすら困難に思われる岩山の上に、人の手によって築かれた建築物があります。
その数6つ。世界遺産・メテオラ(ギリシャ語で「宙に浮く」の意)の修道院群です。
世界でも最も険しい場所に築かれた修道院群の一つと言われ、
現在、ギリシャ正教を信仰する54人の修道士・修道女が暮らしています




撮影地 ギリシャ メテオラ   撮影日 2007.5.17  

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。各ページの写真 または
[ >>>] をクリックすると写真が順に表示され [close] をクリックすると戻ります。