天空の城 「竹田城跡と桜」 '10

撮影日:2010年4月14日
撮影地: 兵庫県朝来市和田山町竹田    撮影者:Yoshifumi&ころりん

兵庫県朝来市和田山町竹田には、「天空の城」「虎臥城」として知られる全国でも
数少ない壮大な石垣が連なる山城跡があります。
標高353・7mの山頂に位置する竹田城跡は
嘉吉年間(1441〜43年)に但馬の守護大名・山名宗全が基礎を築いたとされ
太田垣氏が5代にわたって城主となりましたが 織田信長の命による秀吉の但馬征伐で天正8年(1580年)に落城。
最後の城主・赤松広秀が豪壮な石積みの城郭を整備したといわれます。
縄張りの規模は南北400m東西100mに及び完存する石垣遺構としては全国屈指のもので
自然石を巧みに配置した近江穴太衆による石垣は400年を経た今でも当時の威容を誇っています。



サムネイルをクリックするとスライドショーが表示されます。
※ ボタンクリック  [SLIDE stop] 停止  [SLIDE start] 再開 
※ 写真クリック   スライド中は早送り  停止中は順に表示